金利が低い方がいい

お金を借りる場合、人によっていろいろと条件や希望などがあるのではないでしょうか。
それによってベストなお金を借りる方法が変わってくるものです。
 
その中で最も多いのが、金利が低い方がいいという方です。
もちろん、誰でも金利が低い方がいいと思うのは当たり前ですが、これが第一条件であり、その他はそれほどこだわらないという方はそれほど多くはないのではないでしょうか。
 
金利が低い方がいい、という方にオススメなのは、銀行融資を受ける方法でしょう。
とはいっても金利が低いものとなると、担保や保証人が必要になる場合もあります。
そして使用用途も限られてしまう事もあり、一般的には家を建てる、リフォームするという場合には住宅ローン、車の車検費用や購入費用、修理費用といった車関連ならマイカーローン、教育に関する事なら教育ローンというのが一般的です。
それ以外となると、使用用途自由のフリーローンとなり、これだと5.0%~14.0%くらいになります。
とはいえ、借入金額や収入、信用度によって金利は異なるので必ずしも低い方の金利が適用になるとも限りません。
 
もし、本当に利息は無駄だから支払いたくないという場合には、家族や友人から借りる方法もあります。
これだとたいていは利息を支払う事はないでしょう。
とはいえ、お金の貸し借りは身内でもトラブルになることもありますので、できれば避けた方が良いでしょう。
もし、1カ月以内にでも返済できるというのであれば、消費者金融の無利息期間を利用するという手もあります。


ページの先頭へ