お金を借りる相談室 > タイプ別カードローン比較 > 低金利カードローンで金利の低い所で借入

低金利カードローンで金利の低い所で借入

長期借入の場合検討したい点は、返済額をなるべく少なく!,低金利カードローンお金を借りる場合「金利」は付きものです。借り入れ金額が多ければ多いほど利息も高くなってしまいますし、金利が高ければ高いほど返済額が大きくなり、なかなか返済することができずに返済が長期化してしまいます。
なので、できる限り低金利で借り入れをする方が良いというのは誰もが思っていることではないでしょうか。金利の低さを重視してカードローンを選べば、返済の負担を抑えられるので、特に大きな金額を借りるときや長期的に返済していく場合は低金利のカードローンを選びましょう。

矢印のアイコンカードローンの金利表示

多くの金融機関のカードローンが金利を〇%~〇%と下限金利~上限金利で表示しています。金利はこの下限金利と上限金利の範囲内で決められるのですが、初めて利用される方などは下限金利を見て「低金利」と判断してしまいがちです。しかし実際は必ずしも下限金利が適用されるとは限りません。

例えば、金利3.0%~18.0%と明記していても、3.0%が適用されるのは500万円とか800万円などの高額借り入れする場合に適用されることが多く、低額借り入れの場合だと3.0%が適用される可能性は低くなります。審査によfって金利は決められ、何%が適用されるかわからないので、どこのカードローンが低金利なのか判断するには、上限金利で判断するようにしてください。

矢印のアイコン低金利なのはどこか

消費者金融系や銀行系カードローンの金利表示を比較してみると、低金利でカードローンを提供しているのは、銀行系カードローンとなります。消費者金融系や信販系と比較しても、3~4%は平均して低くなっています。金利が低い分、銀行系カードローンは「審査が厳しい」というイメージがありますが、審査を通過さえすれば、長期の借り入れや高額な借入れなどには非常に便利なカードローンといえます。

その他で低金利キャッシングする方法としては、「無利息サービス」を利用する手があります。いくつかの金融機関では、一定期間の借入・返済については「金利0」としているところがあります。借入をしてもすぐに返済できる、もしくは期限内に完済できる、という見通しのある方にはぴったりのサービスだと思います。

少額のお金を借りるにしても、できるだけ情報を集め、ご自身の状況と照らし合わせたうえで、賢いキャッシングをすることが大切です。短期間の借り入れであれば金利はそれほど気にならないかもしれませんが、大きな金額や長期間にわたって返済していく場合なら、返済の負担を少しでも減らすためにも、金利の低いところで借りるようにしましょう。

低金利で借りたい人におすすめのカードローン ※当社調べ


アコム

アコムのここがおすすめ

■まずは、お申込み前にお借入れ可能かわかる3秒診断!
■自動契約機(むじんくん)でのお申込みならその場でカード発行されるので、急なお申込みでも安心!
(※申込み時間:8:00~22:00 年中無休。年末年始は除く)
■はじめての方には30日間金利0円サービス!

実質年率 利用限度額 融資 審査スピード
3.0~18.0% 1万円~800万円 最短1時間融資可 最短30分

プロミス

プロミスのここがおすすめ

■24時間いつでもお申込みOK!即日融資も可能!
■プロミスを初めてご利用される方には、30日間無利息サービス!(※)
■お借入れは最短10秒で銀行口座にお振込み!
(※Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細利用を選択いただいた場合)

実質年率 利用限度額 融資 審査スピード
4.5~17.8% 限度額500万円 最短即日利用も可能 最短30分


アコム

実質年率 3.0~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資 最短1時間融資可
審査スピード 最短30分

アコムのここがおすすめ

■まずは、お申込み前にお借入れ可能かわかる3秒診断!
■自動契約機(むじんくん)でのお申込みならその場でカード発行されるので、急なお申込みでも安心!
(※申込み時間:8:00~22:00 年中無休。年末年始は除く)
■はじめての方には30日間金利0円サービス!


プロミス

実質年率 4.5~17.8%
利用限度額 限度額500万円
融資 最短即日利用も可能
審査スピード 最短30分

プロミスのここがおすすめ

■24時間いつでもお申込みOK!即日融資も可能!
■プロミスを初めてご利用される方には、30日間無利息サービス!(※)
■お借入れは最短10秒で銀行口座にお振込み!
(※Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細利用を選択いただいた場合)


ページの先頭へ