お金を借りる相談室 > 銀行カードローン

銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行(メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行など)が直接商品として提供している、保証人なし・無担保の個人向けローンです。
 
カードを用いて、ATMなどからお金を借りたり、返したりできる仕組みで提供されてきた商品ですが、ネット時代の昨今では、専用カードを利用する以外でも、借りる・返す、ができるようになってきました。
では、銀行カードローンの特徴とはどんなものか見ていきましょう。

矢印のアイコン銀行カードローンの特徴

まずは「低金利」であることです。消費者金融と比べて金利が低く設定されているため、月々の返済負担がさほど重たくありません。
長期的な借入れを予定されている方には良いでしょう。
 
尚、金利表示では〇%~〇%と、下限金利から上限金利と幅を利かせた表示になっていますが、初回借り入れの際は、上限金利を参考にしてください。
 
次の特徴としては「限度額が高い」ことです。
 
一部の銀行では主婦向けとして30万円程度のものもありますが、高いところでは1000万円の設定をしているものもあります。
カードローンを利用する際、金融機関から個々人の利用限度額が決められてしまうので、初回から目いっぱいな限度額を借りるなんてことはできませんが、ルールを守って継続利用していれば、高額借入れできる可能性が高くなります。
 
さて、低金利で高限度額の銀行カードローンではありますが、審査に関しては高いハードルとなっています。低金利で融資する分、きちんと返済できる利用者に融資する傾向が強いのです。
 
それぞれの銀行で審査基準は異なりますが、基本的には年齢・年収・勤め先情報などの情報を含め、過去の借入状況も確認したうえでOKかNGかの判断をしています。
また、きっちりと審査をすることから融資までの時間がかかることもあります。
 
最近では「最短30分」で審査回答を出すところもありますが、まだ一部の銀行にとどまっています。しかし、審査に通過さえすれば、低金利で長期借り入れできる便利なカードですので、審査通過に努力されることをお勧めします。
 
銀行カードローン申し込み対象者は20歳以上で本人に安定した収入のある方であれば、パート・アルバイト・自営業の方でもOKです。
総量規制対象外のため、専業主婦でも申し込みが可能です。
ただし、利用条件は各銀行によって内容が異なりますので、必ず確認するようにしてください。
 
銀行カードローンは、金利を気にする方や高額借入を希望する方、また長期利用したい方には、比較的良い商品といえます。
銀行という安心感もついてきますので、選択肢の一つとしてお考えください。





ページの先頭へ